2016年05月20日

【FUJI ROCK FESTIVAL'16 予習篇】The Avalanches 『Since I Left You』

Since I Left You.jpg




全曲試聴できます



普通に、しれ〜っと発表されましたけど・・・
The Avalanchesがまさかのフジロック出演!!!!!
コレは、大事件ですよ。
2ndアルバムが「出るよ出るよ!」と言われ続けて、早15年。
一体、どんだけ待たせるっつーの?
新作より早く来日が実現するとは思わなかったなぁ。
シガロスよりも、レッチリよりも、このThe Avalanchesの出演決定にときめきました☆
行けないけど・・・。



とにかく、
一度聴いたら、私がどうしてこんなに鼻息荒くしてるかが分かるはず。
900以上のものサンプリングを駆使して作り上げた、ドリーミーで胸焦がれる音の粒が舞ってきます。
センス抜群過ぎ。




音楽通のブログを見ても、私ほど興奮している人が見当たらず、
世間との温度差を感じております・・・。
若いリスナーは当然知らないだろうから、騒ぎようもないんだろうけど。
何で???
あのThe Avalanchesが来るんですよ!
大事なことなので、もう一度言います。
The Avalanchesがフジロックに来るんですよ!



コレを読んでくださっている方、
まずは、貼り付けたYouTubeをポチッと押して、この世界観を体感して下さいませ。
損はさせませんよ!!!!!




web拍手 by FC2
posted by big river at 05:57 | Comment(0) | rock/pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

If These Trees Could Talk 『If These Trees Could Talk』

if.jpg




全曲試聴できます



コレは参りました!!!!!
先日、音友から「Mogwaiみたいでカッコイイから聴いてみ!」と言われ、
どっぷりハマってしまったIf These Trees Could Talk。



Mogwaiの良き時代=初期に通じる、繊細さと爆発的な轟音
メロディも素晴らしく、
少なくとも、最近のMogwaiなんかよりずっとイイ。
まさしく・・・Mogwaiチルドレンとでも言うべき。



でも、これまた知名度が恐ろしく低い
POST-ROCK DISC GUIDEには載ってねーわ、
Amazonの取り扱いすらない状況orz
世の中のポストロック好きの皆さん、どんだけ知らねーっつーの???
つい最近まで自分も知らなかったので、
偉そうなことは言えないんですけどwww



「ポストロック好きです!」と公言しているアナタ・・・
うんちく垂れる前に、とりあえず聴いて下さい!


タグ:2006年 MOGWAI
web拍手 by FC2
posted by big river at 15:21 | Comment(0) | post rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

【FUJI ROCK FESTIVAL'16 予習篇】Ben Harper 『Diamonds On The Inside』

Diamonds on the Inside.jpg



#01「With My Own Two Hands」



Ben Harperの曲の中では、最も好きかもしれません!
埃っぽいサウンドが、やたらとカッコイイ♪



#02「When It's Good」






#05「When She Believes」

友人の結婚式の二次会で使用した思い入れのある名曲。



フジロックは、今年で20周年・・・
ということで、
第一弾の発表から、かなり気合入ってますねぇ。
すでに、結構ツボだったりします。
息子氏が居なかったら、間違いなく参戦してました。
98%行けないので、
こうして、ブログにアップしながら妄想に耽りたいと思いますwww



ベン兄貴のアルバムは、
沢山リリースされているので、どれから聴いたら良いのやら?
という人に、オススメの1枚
ブルージーで味わい深く、グッと心に響く作品です。



何度かフジロックで観ているのですが、
とにかく・・・男気満載!!!!!
時に激しく、時に優しく、大人の男の魅力を見せつけてくれます。
ただ、彼が出演する時って、雨なんですよね〜。
かなりの雨男とみています・・・。
フジロッカーの皆さん、雨(嵐)対策は万全で!!!


web拍手 by FC2
posted by big river at 00:56 | Comment(0) | rock/pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

私を構成する9枚

最近、TwitterのTLで話題になっている
「私を構成する9枚」を作ってみました♪

スクリーンショット (2).jpg



何やら・・・
9枚のジャケ写をまとめてアップするアプリがあるらしいのですが、
よく分からないので・・・
エクセルにジャケ写を貼り付ける→スクリーンショットを撮る→トリミングをする
という、非常にメンドクサイ方法で作りましたwww



TwitterのTLでは、
見知らぬ人たちの9枚がたくさん見れて興味深かったので、
自分も便乗しました。



というわけで、
左上から順不同です。

・Bjork 『Post』
・中村一義 『太陽』
・The Charlatans 『Tellin’Stories』
・Janko Nilovic 『Soul Impression』
・John Frusciante 『Shadows Collide with People』
・Nujabes 『Metaphorical Music』
・Rage Against The Machine 『Live at the Grand Olympic Auditorium』
・Sigur Ros 『( )』
・スーパーカー 『Futurama』




結構ベタになってしまいましたが、
それぞれのジャンルを聴くきっかけになったものや、
心が救われたもの、などです。



中でも、
John Fruscianteの作品は、
私にとってなくてはならない特別なものです!




是非 一聴あれ!!!


web拍手 by FC2
posted by big river at 01:03 | Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

Team Me 『Team Me Ep』

Team Me Ep.jpg



#01「Weathervanes And Chemicals」

冒頭の女性Voの奇天烈ダンスに釘付け!


コレ、どういうフェスなんだろ?
誰も居ないテントサイトで演ってるけど、凄く好きかもしれない!



#02「Come Down」




#03「Dear Sister」

こんなに酷いPVは、なかなかナイwww
メンバーが、ひたすら酷いダンスをしていますwww





#04「Me And The Mountain」




#05「Kennedy Street」




レコ屋で試聴して、
まさに、運命の出会いをしたノルウェー出身の6人組によるデビューEP!
コレは、アガッた!!!!!



ポップなんだけど、ただ明るいだけじゃなくて、
ちょっと憂いがあって、
何となく、アイスランドの冷たい風をも感じさせる魅惑の音楽。
男性陣のゴムバンド(?)率が高いのが少々気になるが、
抜群のコーラスワークと、完璧なメロディに完敗。



これだけ濃密なEPを出しちゃって、その後は大丈夫かしら?
という、予感的中・・・。
1stと2ndアルバムは、全然良くありません。
若き初期衝動は、もう終わったのかも。


タグ:2011年
web拍手 by FC2
posted by big river at 01:19 | Comment(0) | rock/pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

Karl Denson 『Dance Lesson #2』

724353158620.jpg



#01「Dance Lesson #2」




2002年のフジロックにも出演したことのある、カール・デンソンの名盤♪
あの頃、まだロック小僧だった私は、もちろん完全スルー。
今となっては、後悔の嵐。
こんな素敵なアルバムを引っ提げてのライヴ・・・
観たかったな〜。



アルバム全体としては、
若干、DJロジックのスクラッチが多めで、気になることは気になるが、
それでも、こんなに踊れるジャズがあるのね・・・と、
ジャズ=難しい、というイメージを一掃してくれる説得力があります。
疾走感あふれるジャケも◎


タグ:2001年
web拍手 by FC2
posted by big river at 13:41 | Comment(0) | jazz/jazz funk/soul jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Eels 『Souljacker』

zaP2_G2033533W.jpg



#05「Souljacker PartT」

狂気のリフに、ひたすらドキドキする。
髭、モジャモジャ過ぎ!



#01「Dog Faced Boy」




#02「That's Not Really Funny」




歪みまくりのギターに、攻撃的なフレーズで攻めまくる、
問題作にして、最高傑作☆



Eelsと言えば、
もっとドリーミーで、ベッドルームの音楽・・・という印象でしたが、
この作品では、今までのイメージから一転、
ガンガン攻めてくるロックで勝負!
正直、こっちの方が好みです♪



初めて「Souljacker PartT」を聴いた時は、
脳天ブチ抜かれました・・・。


タグ:2001年
web拍手 by FC2
posted by big river at 13:10 | Comment(0) | rock/pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

Fountains Of Wayne 『Welcome Interstate Managers』

zaP2_G5143769W.jpg




全曲試聴できます



パワー・ポップの代表、FOWの3rdアルバム!
2nd『Utopia Parkway』も青春の一枚ですが、
アルバム全体の質の高さで言えば、こちらが上かな?



今、初めて知ったのですが・・・
James Ihaが、#07「All Kinds of Time」でギター弾いてたんですねぇ。
そりゃ、イイに決まってるわけだ!
他にも、#11「Hung Up On You」で、Robert Randolphがペダル・スティールで参加しているようで・・・。
あんなに好きだった作品なのに、今知ったwww
奥が深いな。



にしても、
胸キュンの名曲が、ホントにズラリと並んでいる。
#03「Stacy's Mom」は代表曲になっちゃったし、
#01「Mexican Wine」、#02「Bright Future in Sales」、#06「Valley Winter Song」、#09「Hey Julie」など、
歳をとって聴いても、「やっぱりイイよね〜!」と思える。
体は衰えても、気持ちと耳はまだ若いんだな、と再確認www



パワー・ポップ入門編として、かなりオススメです♪


タグ:2003年 POWER POP
web拍手 by FC2
posted by big river at 14:04 | Comment(0) | rock/pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

Newton Faulkner 『Hand Built By Robots』

newton.jpg



#05「Dream Catch Me」






#02「To The Light」




#03「I Need Something」






「ジャック・ジョンソンへのUKからの回答」
という、レコ屋(っていうより、レコード会社が付けたキャッチコピー)のコメントで、
まんまと買わされるハメになった一枚。
当初は、声が野太すぎてちょっと合わないんだよなぁ・・・
と、しばらくお蔵入りしていたのですが、
出産して、家に居ることが多くなり、
CD棚から、あれやこれや引っ張り出して聴いている時に、
ピタっとハマってしまいました。



今更ながら・・・イイ!!!!!
ドレッドに髭面って、完全にJohn Butlerと被るけど(ジョンバトの方が男前だけど)、
凄くイイ!!!!!
この辺界隈の・・・アコギ凄腕テクニシャン系の底力、半端ないっす



GREENROOM FESTIVAL'13や、紅白ではドリカムと共演するなど、
知名度もグングンアップして、
これからの活躍が楽しみです♪


タグ:2008年
web拍手 by FC2
posted by big river at 14:41 | Comment(0) | rock/pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

Magnet 『On Your Side』

51QKOzDzkYL__SL135_.jpg



#05「The Day We Left Town」

ビョークの『Vespatine』を彷彿とさせる音像・・・。



#01「Everything's Perfect」




#02「The Last Day of Summer」




#03「Where Happiness Lives」




北欧ミュージックシーンに新しい風を吹き込んだ、SSWの1stアルバム。
3rdから失速し、4thは国内盤すら出ていないのが残念でなりませんが、
とにかく、コレは隠れた名盤!



アコギを主体としたカントリーに、
嫌味のない程度のエレクトロニックを上手い具合に融合させ、
まさに、エレクトロニック・カントリーという新しいジャンルを打ち立てています。
伸びがあって、色気のある艶やかな歌声も良い♪



果たして、今後の活動はどうなるのでしょうか?
1st〜2nd路線で、もう一度返り咲いて欲しい・・・。


タグ:2004年
web拍手 by FC2
posted by big river at 08:19 | Comment(0) | rock/pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。